通販運営20年の金庫専門店だからまかせて安心 耐火金庫 防盗金庫 家庭用金庫を全国配送

葬儀社様必見!ご香典や葬儀代など現金一時保管に投入金庫をおすすめします。

葬儀社様必見!ご香典や葬儀代など現金一時保管に投入金庫をおすすめします。

ご香典やお葬式代などの盗難トラブル

亡くなられた方のお見送り時や、人の出入りの多いところでの盗難。悲しみに打ちひしがれている時に信じられないような追い打ちをかける盗難事件が発生しております。故人や、そのご家族がお勤めになる会社の人数、取引先の人数が多く幅広い方との交流がある場合、また遠縁の親族が多いなどは特に狙われやすくなります。

近年では「家族葬」や「友人葬」など参列者の人数を減らし近親者のみで行う葬儀や、ご香典を辞退される事も増えました。とはいえ、葬儀代や、その他にかかる費用など現金のやりとりは発生しますので、盗難のリスクが減ることはありません。

なぜお葬式が狙われやすいのか

喪主であるご家族の方は何かと忙しく、友人や職場の同僚などが葬儀委員長、受付のサポート、それ以外の手伝いなどの役割分担を担う事があります。弔問者の顔がわからないこともあり、そこを狙って泥棒は潜入してきます。

受付係がその場で決まる

受付係がその場で決まる

受け付けは一般的に親族の人で行うことが多いですが、人手が足りないときなどは式場のスタッフや同僚友人などに依頼することもあります。

部外者でも簡単に入れる

部外者でも簡単に入れる

一般葬の場合、訃報を新聞などに掲載することもありますので、顔見知りではないこともあります。自由に行き来できる状況で簡単に入る事ができます。

現金でのやり取りが多い

現金でのやり取りが多い

ご香典の他、葬儀代や弔問者への返礼品、親族への飲食類など、お通夜や告別式では現金でのやりとりが多く発生し、現金を厳重に管理しにくい環境にあります。

金庫診断士からの提案

葬儀場での盗難トラブル防止には、投入式の金庫をおすすめします。本体は管理者不在の24時間営業店舗用としてお使いいただいておりますが、現金でのやり取りが多く、また管理者がその場にいない事が多いセレモニーにぴったりの金庫です。

投入式金庫とは

投入式金庫とは、ポスト金庫とも言われている通り、引き出しを手前に引いて現金を入れ、引き出しを閉めると自動的に現金が保管庫内へ落ちる仕組みになっています。管理者のみが取り出す事ができるため、コンビニ、ネットカフェ、飲食店、サウナ・スパなどの夜間営業の店舗様にご利用いただいております。まずは、その機能を動画でご覧ください。株式会社エーコーチャンネルより

収納物を入れる

受付係がその場で決まる

ゆっくり引き出して、投入口に収納物を入れます。ご香典などはいくつかまとめてバッグなどに入れ投函されることをおすすめします。

引出しを閉める

部外者でも簡単に入れる

収納物を入れたらゆっくりと閉めます。閉める前に今一度収納物をご確認いただくと間違いがないかと思います。

下部の保管庫へ収容

現金でのやり取りが多い

引出し底面が外れ、収納物が下部の保管庫へ滑り落ちます。一度滑り落ちた収納物は引き上げる事ができない構造になっているので安心です。

投入式金庫のタイプ

投入式金庫といっても様々なタイプが各金庫メーカーから販売されています。上段は鍵付投入口があり、下段は管理者だけが開ける事ができる鍵付扉となっているのが最もスタンダードなタイプですが、その他にも利便性を前面に出したシンプルタイプから、強固に収納物を守る防犯タイプまで各種取り揃えておりますので豊富なラインナップからお選びください。金庫屋取り扱い投入式金庫すべてのリストはこちらです

投入部に鍵がないタイプ

投入部に鍵がないタイプ

シンプルで使いやすい投入保管庫です。コンクリート床へ固定可能。

対象投入式金庫はこちら

仕切り付引出しがある三段タイプ

部外者でも簡単に入れる

一番上の引出しは便利な仕切りが付いているタイプ。当日お渡しする大切なものの保管に。

対象投入式金庫はこちら

TS15合格の防犯投入式金庫

現金でのやり取りが多い

日本製金庫でおなじみの防犯性に優れたサガワの投入式金庫。投入口に扉があるタイプです。

対象投入式金庫はこちら

金庫屋おすすめの投入式金庫

自宅で行うお葬式「自宅葬」の場合

自宅葬とは、文字通り自宅でお葬式を行います。日本映画などでみられる田舎のお葬式の風景を思い浮かべていただけるとわかりやすいかと思います。自宅葬は、親戚一同、ご近所の方が集まり「お通夜、お葬式の部屋の準備」「湯茶接待」「食事の準備と配膳」「家族不在時の留守番」「子守り」「片付け、掃除」などを担います。遠い親戚やご近所でもあまりお顔を拝見していないなど、関係者の特定が難しい状況にあります。玄関が常に開け放たれているため、防犯上かなり危険な状態と言えます。

開け放たれた玄関

受付係がその場で決まる

葬儀がある事を地域のコミュニティ掲示板や新聞で通知される事があり、誰でも入ることができる玄関は泥棒に狙われやすい状況です。

食事中は皆が忙しい

部外者でも簡単に入れる

親戚、ご近所の方が集まって食事を作ったり、精進落としを配膳したりと手元の貴重品類をそのままにしておく事もあります。

出棺で家が留守になる

現金でのやり取りが多い

必ず、ご家族ご親戚の方が留守になる時間帯があり、セキュリティ上最も無防備になる時を狙って泥棒は侵入します。

金庫診断士からの提案

もしもの時を想定した家庭用耐火金庫の導入をおすすめします。金庫屋では様々な形状やそれぞれの用途に特化した耐火金庫をご用意しております。豊富な耐火金庫の中からピッタリの金庫をお買い求めいただけるよう、困った事がございましたら金庫屋までお気軽にご相談ください。

金庫屋おすすめの家庭用耐火金庫

金庫屋は日セフ連組合の正式加盟店です

2009年より、金庫屋は、日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会(通称:日セフ連)の地区組合「大阪セーフ・ファニチュア協同組合」に加盟しております。また、金庫屋は日セフ連の制度「ユーザーに金庫という製品に対する正しい理解と使い方を普及させることを目的」とした金庫診断士の認定を受けたスタッフがお客様へ適格な金庫のご提案をさせていただいております。金庫の事なら金庫屋におまかせください。

金庫屋は日セフ連組合の正式加盟店です