民泊の条例に適した金庫・保管庫で貴重品管理とトラブル防止対策を

金庫屋へのお問い合わせ TEL:072-752-5999(平日10:00〜12:00 13:00〜17:00)

民泊での貴重品管理とトラブル防止に金庫を導入しませんか?

客室に貴重品を保管できる貴重品保管庫複数人利用スペース用金庫・保管庫玄関帳場(フロント)の鍵保管庫

客室等に鍵のかかる設備を有する条例が定められた自治体があります。

外国人旅行客、泊り込み研修、セミナー、料理教室、女子会、スポーツ大会、グリーンツーリズムなどで利用される一般的にバケーションレンタルと言われている「民泊」。
民泊を始めるには、国家戦略特別区域内で行う「特区民泊」か旅館業の「簡易宿所営業」の許可を得る必要があり、鍵のかかる構造設備を有することを条件としている自治体もあります。(※2017年現在) これからますます需要が高まる民泊。何かあってからでは、お客様にご迷惑がかけるだけでなく、近隣住民との信用問題にも関わります。その為には、防犯対策を万全に、安心と安全を確保する金庫・保管庫の導入をおすすめします。

宿泊客の外出時、入浴時、就寝時などにも安心。

民泊のトラブルとして多いのが盗難事件。宿泊客の貴重品盗難ばかりでなく、海外では、ゲスト(借り手)が、ホスト(貸し手)の貴重品を盗むといったケースもあります。そこで、貴重品は常に金庫や保管庫に保管し、盗難のトラブルを未然に防ぐ必要があります。また、ゲスト(借り手)へ、注意喚起を促進することもホスト(貸し手)としての役割です。金庫屋がおすすめする用途に応じた「金庫」「保管庫」。豊富なラインナップからお選びください。